後先考えず風俗で遊ぶ

紳士に。それがテーマです

風俗で遊ぶ時にとにかく気を付けているのは、相手の女の子との距離感です。そして、相手の女の子と「風俗嬢とお客」ということをあまり意識せず、男女として向き合うことです。だからお客として図々しさを発揮したり、あるいは高飛車な態度であれこれリクエストしたりということはありません。その時間は自分なりにいろいろなテーマで望んでいるんです。ちなみに前回は現役女子大生風俗嬢だったこともあって、自分の心の中でのテーマは「若い愛人とのプレイ」でした(笑)これは相手には伝えていません(笑)相手に伝えたところで別に相手に気を使わせるだけですし、そもそも気を使えって言わなくとも風俗嬢はどうしてもお客には気を使いますから、これ以上気を使わせるようなことをするのは申し訳ないじゃないですか。だから自分だけのテーマとして、自分が相手にもいろいろと気を配ることによって、より楽しい時間を演出する。つまりは紳士として、相手と接することです。

寂しくなっちゃったんです

失恋したので寂しい気持ちを感じることが多いんですよ。だってそれまで当たり前のようにしていたことが出来ないじゃないですか。それは別に肉体的なことだけじゃなくて、精神的なこともそうですよね。おはようのメールとかもそうですし(笑)だから時にはどうしても寂しさがなくなってしまうんですけど、そんな時には風俗に行くようにしているんですよ(笑)だって風俗以外で自分の寂しさを埋めてくれるようなサービスって他にないんじゃないんかなって思うんですよね。むしろ風俗嬢はいろいろな形で優しくしてくれるじゃないですか。それが良いんですよね。風俗に行くのは肉体的なものだけじゃなく、精神的なものも大きいのかなって思うんですよ。男として誰かに相手をしてもらいたい。そんな時には風俗が一番だと思うので、寂しいなって思った時には風俗のお世話になるようにしているんです。それが何だかんだ、一番かなって思うようになったんですよね(笑)