後先考えず風俗で遊ぶ

最強の予定調和、それが風俗

ある意味風俗は最強の予定調和ともいうべきものなんじゃないですかね(笑)自分自身、いつも同じジャンルの風俗を楽しんでいますけど、一向に飽きる気配がありません。どんなサービスでも何度も利用していれば次第に飽きてきてしまうものだと思うんです。これはもう自然の摂理として仕方ない部分だと思うんですよね。でも風俗に関しては全然飽きないんです。同じジャンルではあっても女の子が違うからなんでしょうね。本当にそれだけなのに、まるで全然違うサービスを利用しているかのような気持ちになれるんです。それってある意味、風俗の良さというか、男としていろんな気持ちになれるところだと思うんですよ。だってこれ以上の贅沢はないんじゃないかって思うレベルですしね。だから風俗はこれからもずっと楽しんでいくんだろうなって思っています。それだけで十分というか、むしろそうしていろんな形で楽しめるのが風俗の良さかなっていう気持ちになってきましたしね。

お店の風俗も時にはいいのかも

数日前に風俗に行ったホヤホヤの話を聞いて下さい。その日は休日だったんです。いつも休日は何をするでもなく布団の中で過ごして結局夜になって。何もしないのは勿体ないからファーストフードで外食だけする。そんなパターンが自分の中での「休日の定番」だったんですけど、その日はいろいろと揃えなければならないものがあったので、アクティブな休日を過ごしていたんです。街に出るといろいろなものがあるなと感心している自分の視界に風俗店が飛び込んできたんですよ(笑)これはどうしたものかなと。特にここ最近はデリヘルをりようすることが増えていたので、「お店の風俗」の存在がとても新鮮だったんですよね。だからたまにはいいんじゃないかなって思ってお店に突撃してきました。ホテルではなく、店舗の個室でのプレイはかなり久しぶりでしたけど、それはそれでとても面白いものなんだなってことに気付かされたんです。やっぱり時には刺激も必要ですね。